入口 > 食玩 - 掌動 SHODO > 掌動 ウルトラセブン(改造・リペイント)

掌動 ウルトラセブン(改造・リペイント)



※写真は加工したイメージ画像です。


前回の改造記事から1ヶ月が経過してしまいました。
この時期(10月〜11月下旬)は仕事が年末年始進行の時期でガッツリ趣味をやる時間がとれないので、完成していたコレを撮影するタイミングを逃していました。
昨日の深夜に無事撮影できましたのでやっと掲載できます。

改造内容については詳しくは前回記事をご覧ください。







shodoseven03.jpg

shodoseven04.jpg

shodoseven05.jpg

改造前との比較。左:改造後 右:改造前

全体の雰囲気やディテールはかなりいいです。が、ちょっとマッチョ寄りな気がしましたので胴体も腕も脚も、全体的に細く削り込んでいます。




shodoseven07.jpg

首が細くて弱そうだったのでパテで太くしています。
上方向への可動範囲が狭まりましたが、飛行ポーズのときだけ我慢すればOK。






shodoseven06.jpg

肩幅が広いのも気になったので肩幅を狭く、かつ可動範囲確保のため肩関節を胴体側にもボールジョイントの受けを作り二重関節にしています。







shodoseven01.jpg

shodoseven02.jpg



赤いボディはVカラーのブライトレッドに白と黄色を少々混ぜた明るめの赤。

赤の上にウェザリングカラーのグランドブラウンとステインブラウンを混色した濃い茶色でスミ入れ&汚し。
これによって明るい赤がずいぶん落ち着きました(こうなることを予測してベースに明るい赤を塗ったので、よし!とガッツポーズしました)。

銀色の部分はタミヤカラースプレーのアルミシルバーです。
銀を塗る前にベースホワイトを吹いています。黒ベースにシルバーを吹くとキラリといい感じの銀になるのですが、白ベースの方がマイルドな落ち着いた銀になりますのでそちらを選択しました。
でも少しメタリック感が薄れてしまったので、タミヤ ウェザリングマスターのチタンを擦り込んでいます。

全体の塗装が済んだ上からつや消しトップコートを吹いてます。









shodoseven08.jpg

shodoseven10.jpg

shodoseven11.jpg

shodoseven12.jpg

苦労した目。いろいろやった結果、いったん目のモールドを取り払ってミラーフィニッシュを貼った上にUVクリアジェルで目を作り、その上からクリアカラーとパールホワイトで塗装、という手順で作りました。
苦労しただけあって、今の時点ではけっこう満足しています。アップで見るとキツいですが、肉眼で見る程度なら全然OKです。自分的には。












shodoseven15.jpg

なかなか好みのウルトラセブンになりました。





shodoseven19.jpg

shodoseven16.jpg

shodoseven17.jpg


shodoseven20.jpg

付属の手首を変えてのポージングも楽しいです。
あ、手首といえば…



shodoseven21.jpg

手首の差し込み軸を反対にしたのは前回の記事でも書きましたが


shodoseven22.jpg

付属していない「自然に開いた手」または「何かをつかむ用の手」を、同シリーズの仮面ライダー旧1号の手首を使って製作しました。
決めポーズのときより、今後怪獣や宇宙人との挌闘シーン再現する際に必要かなと思いまして。



shodoseven23.jpg

こんなときにも。


・・・次回はキングジョーのリペイント記事をお送りいたします。








shodoseven24.jpg

アマギ隊員がピンチなんだよ!デュワ!
関連記事
2016-11-25