入口 > S.I.C.極魂 - Wの世界 > リボルミニ・ザップ改造 鳴海荘吉

リボルミニ・ザップ改造 鳴海荘吉



海洋堂から発売されている「リボルミニ・血界戦線 ザップ」を改造して、仮面ライダーWで主人公たちの師匠である鳴海探偵事務所・初代所長「鳴海 荘吉」を作ってみました。

元のフィギュアはリボルミニですが、以前製作したS.I.C.極魂仮面ライダースカルと並べるのにサイズ的にちょうどいいので、ブログ内のカテゴリーでは「S.I.C.極魂・改造作品」に分類しています。





SOKICHI01.jpg

SOKICHI03.jpg

SOKICHI02.jpg

もとになったリボルミニ・ザップとの比較。
基本的に関節はそのまま使用、服のシワなどもできるだけそのまま使う方向で製作しています。

ザップはかなりの猫背体勢ですが、キャラのイメージもあって鳴海荘吉は背筋を伸ばしたいい姿勢にしています。

特徴的な肩の関節ジョイントが個人的には見苦しく感じたため、胴体部分と肩を作り直す際なるべく見えないようにしています。しかしそのぶん肩の可動範囲は狭まりました。









SOKICHI04.jpg

SOKICHI05.jpg

いちばん大変だった頭部の造形&塗装。
今まで実在の人物の頭部をスクラッチしたことといえば、ミクロマンを改造して仮面ライダー響鬼の「顔だけ変身解除状態」を作ったことがあるくらい(出来についてはブログ等に画像を掲載していないという事でお察しください)で、とても不得意分野ではありますが、そういう自分としてはまあまあできた方かなと。
似ているか似ていないかはあまり考えないようにしてください。作った本人はよく分かっていますので!

ちなみにこれを見せた時の家族の反応

カミさん「…似てない」

長男「角度によっては似てるんだけどな」

娘「カッコがダサイ」


もう分かった、分かったよ…







SOKICHI18.jpg

替えの頭部と手首。頭部は帽子を被ったバージョンと脱いだバージョンの2種類あります。
まず帽子なしの頭部をエポパテで作りました。それをレジンで複製しておき、以前製作したS.I.C.極魂改造スカルの帽子をプラリペアで2つ複製し、ひとつは頭部に固定、ひとつは手持ち用にしました。

帽子の複製になぜレジンじゃなくてプラリペアを使ったかというと、多分撮影時やブンドド時に床に落とすことが多くなると予想したからです(笑)。プラリペア、丈夫ですからね〜。
案の定この撮影時にかなりの頻度で床に落とし、ところどころ塗装が剥げてしまいました…。

手首はリボルミニ・ザップのものをリペしただけ…パーティングラインの処理くらいはすれば良かったと、この画像を見て反省しています(笑)。









SOKICHI11.jpg

SOKICHI12.jpg

帽子なしの顔アップ。似ているか似ていないかは(以下略)









SOKICHI10.jpg

SOKICHI13.jpg

個人的には帽子なしの頭部が気に入っています。









SOKICHI14.jpg

SOKICHI15.jpg

上半身(ジャケット・ベスト部分)はプラ板で芯を作り、その上からパテ造形です。
正直言うと胸と腹の関節部分の隙間がとっても気になっているのですが、「俺はアクションフィギュアを作ってるんだ!」と常々自分に言い聞かせながら作った結果です(笑)。
鳴海荘吉のキャラの醍醐味である「オジサンなのにすごいアクション」というところは中の人である吉川晃司サンに直結する魅力でもあるので、そこはもうなんとしても…という気分でした。









SOKICHI17.jpg

ズボンの裾はすこし弛ませる感じでパテ盛り。
靴はヒモ部分をパテで。エナメルぽくツヤツヤな靴にしました。実物はこだわったいい靴履いてそう。









SOKICHI19.jpg

ダブルドライバーの入ったケースを持って。ちょっと大きいですが。









SOKICHI21.jpg

肩の可動以外は、もとのリボルミニ・ザックの可動性能を引き継いでますのでいい感じです。









SOKICHI30.jpg

中の人の代名詞でもあるシンバルキックも。腰の可動を最大限活かして。









SOKICHI31.jpg

リボルミニの関節(特に肩・股)は正直動かしにくいです。コツを掴めばいい感じにできるのでしょうが、僕にはまだ慣れませんね。









ちょっとランダムにアクションシーンなど。


SOKICHI07.jpg




SOKICHI09.jpg





SOKICHI08.jpg

















SOKICHI22.jpg

映画でのタブー・ドーパントと対峙するシーン。




「ガイアメモリを仕事に使わないのが俺のポリシーだったが……やむを得ん。」




SOKICHI23.jpg

「変身…。」

※メモリは爪楊枝をマジックで塗りつぶしただけです。撮影中に作りました(笑)。







SOKICHI24.jpg

※ドライバーは心の目で見てください。




SOKICHI25.jpg










SOKICHI26.jpg

S.I.C.極魂のスカルと並べるとこんな感じ。
意外にリアルな比率かも。









SOKICHI28.jpg










SOKICHI33.jpg

SOKICHI34.jpg


首のパーツを新造して、頭部は極魂版にも接続できるようにしました。









SOKICHI35.jpg

レジンで複製した頭部はまだ余ってるので、白髪バージョン(最近のリアル吉川)も作ろうかな!
あ、似てないからダメ?(笑)。

関連記事
2016-09-30