入口 > 食玩 - 掌動 SHODO > SHODO 仮面ライダーVS 第2弾 (小改造・リペイント)

SHODO 仮面ライダーVS 第2弾 (小改造・リペイント)

shugo_01.jpg

発売されてしばらく経ってしまいましたが、SHODO 仮面ライダーVS 第2弾の面々を掲載します。
桜島1号・旧2号・ライダーマンは小改造+リペイント、ザンジオーはリペイントのみです。
ショッカー戦闘員は頑張って7体集めましたが5体開封、改造もリペイントもしていません。










sakurajima_01.jpg

まずは桜島1号。
前回(第1弾)の旧1号の色替えかと予想していましたが、アンテナの材質(硬質→軟質)やボディの形状(胸板を薄く)が変更になっています。いい方向に修正されているので「進化」と言えるでしょう。
全体のスタイルは旧1号とほぼ同じ。個人的には気に入っています。






sakurajima_03.jpg

旧1号同様、後頭部の三角部分と背中の羽根模様は塗装されていないので、私のイメージで調色したグリーンを塗っています。グローブやブーツ、クラッシャー(顎)やコンバーターラング(胸当て)も同じ色です。






sakurajima_02.jpg

赤い複眼は私の中での定番、クリアー化加工を施しています。
勝手なイメージですが旧1号よりも少し小さめにしています。
マフラーは彩度低めの濃いピンク、といった感じの色で塗装。






sakurajima_04.jpg

旧2号とのツーショット。かなり好きなコンビです。本編ちゃんと見たことないけど(笑)。
最後にウェザリングカラーでふんだんに汚しています。









old2_01.jpg

続いて旧2号。
実は昭和ライダーの中では一番好きなライダーです。本編見ていないけど(しつこい)。
本編を見ていないとは言いますけど、多分幼少期には見ているんだと思います。記憶にないだけで。
記憶のどこかに仮面ライダーといえばこの旧2号、というのが残っているのかな。
ちなみにサイクロン号は「改造サイクロン」にビビッときます。






old2_02.jpg

塗装は桜島1号同様、本体の黒以外を全部リペイントしています。ヘルメットの黒は塗りました。
四肢の銀色のラインは、もともとあったラインよりやや太めにしています。
グリーンの部分は桜島1号よりは明るめですが、もとの塗装に比べると結構暗めの色です。






old2_03.jpg

複眼は例によってクリア化。
第2弾から複眼内のアルミホイルを焦げ付かないタイプのものに変えています(笑)。
あまり意味のない変更のようですが、こっちのほうが超細かいパターンというか表面処理がしてあって、繊細に反射してくれるので掌動のような小さいフィギュアには向いているかもしれません。






old2_04.jpg

第1弾の旧1号とのツーショット。これはコミックの「仮面ライダーSPIRITS」からのイメージ。
まだ桜島化(笑)する前の、2号誕生のエピソードからです。燃えます。
「この俺が…2号だからさ」









riderman_04.jpg

続いてライダーマン。いきなりV3とのツーショットから。
ライダーマンに関してはリペイントの際の調色に非常に悩みました。使う色が多すぎて(笑)。
結果、ブルー以外の色をかなり彩度を落としています。
昭和ライダーで青い色のヘルメットはライダーマンだけでしょうから、青だけは他に比べビビッドにして印象を強めました。






riderman_03.jpg

ライダーマンには今回シークレットとして右手のアタッチメント増量のバージョンがありますが、BOX買いしたので難なく手に入れました。
画像のこれはドリルアーム。大きさがピンバイスくらいなので本物のピンバイスの刃を付けようかとも一瞬考えましたが意味が無いのでやめました(笑)。






riderman_02.jpg

複眼はクリア化していますが、内部に仕込んだアルミホイルには複眼パターンは入れていません。
他のライダーといっしょにクリア化加工をしてしまったので途中まではパターン入りで製作していましたが、塗装の際ネットで資料を漁っているときにパターン無しという事実を知り、慌ててやり直しました。

アンテナはもとの形状が少しだらしない感じだったので、改造用にストックしていたV3のアンテナを移植しました。






riderman_01.jpg

またまたV3と。まあ仲良し。
最近までは口元を露出してるライダーに少し疑問を感じていましたが、そういやアメコミのヒーローも結構口元出てるし、なによりこの私だってオートバイのヘルメットはジェットヘルを愛用してることに気が付き、ライダーマンに少し愛着が出てきました。あごひもは締めてねライダーマン。









garagaranda_01.jpg

さて最後にザンジオー。まさかのザンジオー(笑)。
どうやら桜島1号&旧2号と戦った怪人だったらしく、商品名の「VS」に因んだセレクトだったようです。
強気のラインナップだなーと発表当時は思っていましたが、1BOX(10個入り)に1個という超弱気のアソート(笑)。






garagaranda_02.jpg

ザンジオーに関してはちょっとしたリペイントと汚しのみです。
汚しはいつもどおりウェザリングカラーでやっていますが、黒と茶色をベタベタ塗ったまま2日ほど放置してしまい、それを泣きながら拭き取っておしまいという感じです(笑)。
赤い目はリペイントしてツヤ出しし、目のまわりを黒くしています。






garagaranda_03.jpg

頭部から肩にかけての青っぽいところはそれらしい色を調色して塗っています。
青いところと白いところの境界線が結構クッキリしていたので、ドライブラシの要領でぼかしています。






garagaranda_04.jpg

怪人で太目の着ぐるみらしい体型のキャラが出たことに少し驚きましたが、かなりレベルの高い造形なので今後も続けて欲しいと切に願っています。
第3弾の怪人は着ぐるみどころかスーツを着たキャラなので少し残念です。






shugo_02.jpg

第1弾と第2弾のライダー集合。ホントは新1号と新2号を並べるべきでしょうが…。
ストロンガーは第3弾で出ますので、早い時期にアマゾンをください。






shugo_03.jpg

こちらも第1弾と第2弾の悪役同盟。怪人はもっといろいろ欲しいですが、昭和ライダーに詳しくないのでどれが欲しいと明確に言えないところがツライ。
今一番欲しいのはタイガーロイドやヤマアラシロイド。完全に仮面ライダーSPIRITSの影響ですがね(笑)。


※上記記事においてザンジオーをガラガランダと表記していました。訂正したうえで全国のザンジオーファンの皆様へ慎んでお詫び申し上げます。

関連記事
2016-06-18