入口 > 食玩 - 掌動 SHODO > 掌動改造・ガラガランダ

掌動改造・ガラガランダ

GRGRD02.jpg

先日(5月初旬)にSHODO 仮面ライダーVSの第2弾が発売されて、それをリペイントしているうちに急に改造熱が上がり、改造用に買い溜めていた第1弾のアポロガイストを素体にガラガランダを作ってみました。

製作過程の画像はTwitterに随時UPしていたので、ここでは完成した状態のみ掲載したいと思います。
まあ大して変わったことはしていません。基本的にはソフビ道(全高10cmほどのソフビ人形)を切って貼っただけです。










GRGRD03.jpg

ソフビ道やプレイヒーローなどのいわゆるミニソフビを素体に被せる改造はミクロマン200X全盛期に流行りましたし、私もそこからフィギュア改造にどっぷりハマったクチでして。
ソフビ被せをやっているうちにパテで造形したりソフビの内側や素体を削るためにリューター(電動ミニルーター)を買ってみたりといろいろ勉強させてもらったジャンルです。

今回の改造はそのころのことを思い出しながら、初心に帰るつもりでソフビを削り、貼り付け、最小限にパテを盛りました。









grgrd05.jpg

grgrd04.jpg

もとのソフビ道のガラガランダは首と胴体が一体成形なのですが少しだけ右を向いているような気がしたので、切り離してボールジョイントを仕込んで可動させています。








grgrd06.jpg

手のひらの指は親指以外の4本が繋がった状態でしたが、指に表情を持たせるとグッと引き締まるので切り離して固定しています。親指もガッと開いた状態に固定しています。

肩と肘のトゲトゲは一旦切り落とし、爪楊枝を削って鋭くしたものを埋め込み、黒い瞬着でコートするように造形しました。









grgrd07.jpg

両脚上部(脚の付け根あたり)の水色の斑点模様はソフビから切り離し、非常に薄ーく削って太ももへ貼り付けています。
そのままではソフビの厚さぶん太ももと段差ができるので、黒い瞬着で太ももをガワ一枚分太くしています。
膝下からブーツまでの間も同じように太くしています。
タイツっぽいシワのディテールは消してラバーというかラテックスっぽい質感にしたかったので、一石二鳥です。









grgrd08.jpg

塗装はいつも通りラッカー系(ガイアカラーメイン)にスミ入れと汚しをウェザリングカラーで。
水色の部分はかなり鮮やかに調色しましたが、ウェザリングカラーを刷り込むように塗布しその後拭き取ることでかなり思った通りの色になってくれました。









grgrd09.jpg

素体となったアポロガイストと(アポロガイストはリペイント済み)。
腕と脚の太さとシワ加減の違いが分かると思います。









GRGRD01.jpg

こうして戦闘員を従えてのライダーとの戦い、いいですねぇー。
この場合ライダーは新1号・新2号がいいんですけど…。









grgrd10.jpg

以上、掌動改造第一号のガラガランダでした。
掌動の改造は、あまり手間をかけずサクッとやるのがいいですね。流用パーツを探すのが楽しいです。




関連記事
2016-05-31