入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト 食玩 - 66アクション > 66アクション ホースオルフェノク(トランクス改造)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

66アクション ホースオルフェノク(トランクス改造)

HO04.jpg

66アクションを改造してホースオルフェノクを作りました。万感の思いを込めて。










HO02.jpg

素体はドラゴンボールのトランクスを使用。




HO01.jpg

頭部はガシャポンライダーアドバンスから、肩・腰・膝から下をチェスピースから流用しています。




HO03.jpg


お腹のオルフェノクの紋章はワールドコレクタブルフギュアのホースオルフェノクから複製して装着。
その他は基本エポキシパテで造形しています。






HO09.jpg

頭部は製作開始当初はほぼ弄らず、ヘルメットのフチのみパテで形状修正して使うつもりでしたが、造形終了間近に再度修正を入れました。
鼻面を短く、トサカを大きく、トサカ横のアイスラッガー似のパーツを追加、ヘルメットのアゴ周辺の形状のボリュームアップ…といったところでしょうか。









HO10.jpg

上半身の可動はこの程度です。
肩のパーツが大きいため、腕は水平には上がりません。肘も90度くらい。
胴体の可動もほぼ回転のみに近いです。









HO12.jpg

脚はこの程度は開きます。
腰のスカートは流用したチェスピースフィギュアがけっこう柔らかめの素材のため、切り込みを入れて可動に支障がないようにしました。

足首には4mmリボ球を使っています。










HO13.jpg

武器はガシャポンライダーアドバンスに付属のものが少し小さくて迫力がないため、ワールドコレクタブルフィギュアのホースオルフェノクのものをレジンキャストで複製して作りました。




HO14.jpg

シールドと腕の接続はマグネット式を採用。
マグネットはシールド裏に2個貼付け、腕と手の甲に金属板を埋め込んでいます。









HO06.jpg

HO07.jpg


装着するとこんな感じ。
大きさもカタチも好みになりました。









HO08.jpg

武器を複製流用、頭部の形状と塗装を参考にしたワールドコレクタブルフィギュアと比較。
塗装に関しては、当初はもう少し明るいグレーになるはずでしたが、このワーコレの色合いがすごく気に入ったのでこれに近い感じになるよう塗装しました。

下地にVカラーの濃いグレー、その上からMr.カラーやガイアカラーで調色した2段階のグレーを筆塗りしています。
その上全体に明るいグレーでドライブラシ、エッジにパール系のシルバーをドライブラシ。全て筆塗りです。

仕上げにMr.ウェザリングカラーの黒とグレーを混色したものでスミ入れし、つや消しトップコートを吹いています。







このホースオルフェノクの製作中に篠原 保さんのトークイベントのチケットを買ったり、完成間近にそのイベントでホースオルフェノク(このタイプではなく激情態ですが)を頂いたり、何かと妙な縁があるなあと完成した今になって感じています。
とても複雑なデザインで作るのはホント大変ですが、それでも今後も作り続けたいシリーズです。はい。













HO05.jpg

木場勇治 / ホースオルフェノク役を演じた泉 政行さんのご冥福を心よりお祈り致します。









関連記事
2015-09-21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。