入口 > 食玩 - 66アクション > 66アクション バルタン星人2代目・ババルウ星人 ・ケムール人製作中

66アクション バルタン星人2代目・ババルウ星人 ・ケムール人製作中

2015073001.jpg

なんだかんだ放置期間が長いこの3体。
現在椎間板ヘルニアからくる麻痺を伴う右足の痺れ・痛みのため療養中なのでなかなか進みません。

2ヶ月の通院中もTwitterに作業風景を掲載していましたので、今回はそのまとめ記事という体で。
3体まとめてお送りいたします。






2015073002.jpg

7/18現在、ババルウ星人の造形作業がほぼ終わった状態。
後ろに見えるケムール人も本格的に造形を始めています。






2015073003.jpg

ケムール人はあまり筋肉質な感じにならないよう、マグマ星人のボディを細く削って使用しています。
頭部とボディを繋ぐ首の関節は、ダブルボールジョイントにして少し表情を付けられるようにしました。






2015073004.jpg

削ったボディはVカラーシンナーで表面をならしています。
ケムール人とバルタン星人2代目は全身塗装になるので関節軸を抜いて全バラにし、干渉部分を塗装の厚み分削っています。
塗料の癒着による関節の渋みやパーツの割れ、塗装の剥がれ等を防ぐためにやります。食玩とはいえ、せっかく作った作品がガチガチで動かなかったり、関節が割れたり、関節だけ塗装が剥げたりすると悲しいですよね。
大して難しい作業じゃないし、完成したとき見栄えがいいので私はなるべくやるようにしています。







2015073005.jpg

2015073006.jpg

ケムール人とバルタン星人2代目、同時に本体の下地塗装を開始。塗料はVカラーを使用。
VカラーはABSにもガッチリ食いつきます。
それぞれのベースカラーを、成形色が透けて見えないよう調色して、かなり薄めて筆塗り。関節パーツは特に薄く、慎重に。今回はサフもプライマーも使っていません。
ただ、パテで造形したところだけにはプライマーを塗っています。Vカラーはパテで造形したところには食いつき悪いです。爪でカリカリっとするだけで剥がれます。







2015073007.jpg

7/22現在、3体ともベース色を塗り終えました。バルタンのハサミはシルバーで塗るのでベース色を黒に塗っています。ババルウ星人のみ関節のピンを抜かず、関節に塗料が入り込まないように筆塗り。
ここからはMr.カラーやガイアカラーで重ね塗りです。







2015073008.jpg

7/28現在。ちょっと日にちが開きましたが、ベース色の上から塗装開始。
ケムール人はミニソフビを参考に縞模様を塗りましたが、何だか気に入らないのでここからまた修正を加えます。
ババルウ星人の金色はガイアカラーのリアルブラスゴールド。なんだかいつもこれ(笑)。でも好きな色なのです。







2015073009.jpg

2015073010.jpg


7/29現在。3体とも基本塗装を終えた状態。すでにMr.ウェザリングカラーでスミ入れも入れています。
ケムール人のボディの模様はドライブラシで叩くように上塗りし、ボヤっとした感じにしました。バルタンの下半身はまったく模様を入れず。あくまで私の好みです。
ババルウ星人はだいたいOKな感じですが、髪の毛はこのあと明るい色でハイライトを入れています。






2015073011.jpg

2015073012.jpg

基本塗装ができたところで、バルタンとケムール人の目をUVクリアジェルで造形。透明パーツにしました。
表面張力でここまで丸くなってくれるので、とても使いやすいです。
細かいディテールがあるパーツを作るには型を取って透明の樹脂(クリアーレジン等)で作るほうがいいとは思いますが、このくらいの大きさのパーツならこれで充分、面倒な準備もいらないので重宝しますね。



という感じで駆け足でお送りしました。次回は完成した3体を掲載できると思います。




関連記事
2015-07-30