入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト 食玩 - 66アクション > 66アクション ウインダム(仮面ライダー鎧武・極アームズ改造)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

66アクション ウインダム(仮面ライダー鎧武・極アームズ改造)



バンダイの食玩「66アクション 仮面ライダー鎧武・極アームズ」を改造して
ウインダムを作りました。





Windom02.jpg

Windom03.jpg

Windom04.jpg

66アクションのウルトラセブンの傍らに並べたくてカプセル怪獣のどれかを作りたいと思いましたが、とりあえず最初は一番人型(ひとがた)に近くて作りやすそうなウインダムを選びました。






Windom05.jpg

素体となった極アームズと比較。
極アームズを選んだ理由は、コンビニの特価品コーナーにあったから・・・
ではなくて、単純に銀色の成形色だったから。
パテでまるっと包んでしまうし、関節の隅々まで塗装してしまうので成形色は関係ないはずですが、そこはもう気分的なもんと、万が一塗装が剥げたときの保険みたいなものでしょうか。

ウインダムの頭部はかつて発売されていた「特撮ヒーローズ」というミニフィギュアから流用しました。
あごから下は素体を削り込んでエポキシパテで造形。
人型に近いとはいってもやはり昭和のラテックスの着ぐるみと近年のヒーロースーツでは随分バランスも違うので、足を短く胴体は太く、関節の配置のタイミングも調整してズングリ感を出したつもりです。




Windom06.jpg

スネを1.5mm詰め、股の下をローライズ加工(笑)して短足に見せています。
肩の関節軸の位置も少し下に移動して首を長くなるように調整。
いろいろ適当に弄ったけど、全高は元の極アームズとほぼ一緒になりました!エッヘン。





Windom07.jpg

極アームズには無かった、二の腕のロール軸を追加しました。
ウインダムにあまり激しいアクションはイメージに無いのですが、デザイン上肩の可動範囲はあまり広くできなさそうだったので、これも保険みたいなものですね。




Windom08.jpg

足はそこそこよく動きます。立膝ポーズくらいは余裕。




Windom09.jpg

このくらいのアクションで僕的にはもう満足、なウインダムです。
カワイさと、どことなくトボケた感じが好きです。

ちなみに、うちのカミさんもウルトラセブンはよく知っている(僕が昔からよく観ているのを横で見てたり)のですが、完成したコレを見て爆笑してました。






Windom10.jpg

こんな感じに座らせてみる。
実際には後ろに倒れてしまうので、この撮影時は練りゴムで支えています。









Windom11.jpg

師匠というか飼い主というか、親分のウルトラセブンと。
セブンと比べると銀の質感の違いと、スミ入れのクドさが際立ちます(笑)。
まあこれはこれで怪獣っぽくて気に入っています。







Windom12.jpg

カナン星人を目の前に、追いかけっこをしてイチャつくセブンとウインダム。








Windom13.jpg

いつかはミクラス、アギラもここに加えたいですね。
関連記事
2015-05-18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。