入口 > 食玩 - 66アクション > 66アクション 仮面ライダーディエンド(ディケイド改造)

66アクション 仮面ライダーディエンド(ディケイド改造)



バンダイの食玩「66アクション 仮面ライダー」仮面ライダーディケイドを改造して
仮面ライダーディエンドを作りました。






66ded001.jpg




66ded002.jpg




66ded003.jpg

ディケイドの頭部・胸部・肩、バックルを食玩やカプセルトイから流用したパーツに変更。
意外とすんなりまとまりました。









66ded006.jpg

頭部はHDM創絶のアゴを短く削り、黒瞬着で整えたもの。
胸部・肩の装甲はDG(デジタルグレード)のディエンドを流用しました。
胸部はほぼそのままですが、脇の下辺りを多少成形し、首と肩、腹とのジョイント部は66アクションの関節パーツを埋め込んでいます。
肩の装甲はスリット1本分幅を詰めて、小さくして使用しています。


HDM創絶もDGも、以前S.I.C.極魂でディエンドを製作したときに立体資料として購入していたものです。
有効活用できて良かった・・・。










66ded007.jpg

バックルと銃(ディエンドライバー)もDGからそのまま流用。
細かい印刷が施されているので、見栄えも良くて助かりました(笑)。









66ded004.jpg


66ded005.jpg

ディケイドとの比較(ディケイドはリペイント品)。
胴体のジョイント位置が高いので、ディケイドより多少身長が高くなってしまいました。
同じように肩のジョイントの位置も高いので、腕が多少短く見えて、ここは良くなったと思います。

腕といえば、本当は二の腕の回転軸を追加するつもりでしたが、忘れてしまいました!
塗装のときに思い出しましたが、めんどくさくなって妥協しました(笑)。









66ded008.jpg

変身!
肩の装甲を独立させたので、上方向への射撃も得意です。




66ded011.jpg

66アクション最初期のディケイドを改造していて、最新の66アクションの進化・変化にあらためて驚かされました。
設計・デザインのスタッフが変わったのかな?最近の商品は随分スタイリッシュになりましたね。
手の大きさも同じシリーズとは思えないほど小さくなっています。
このディエンドは、ディケイドと並べるために作ったので、当時(1年前)のままの雰囲気で作っています。









66ded010.jpg

表裏一体の2人。




66ded013.jpg

衝撃の最終回。

関連記事
2015-03-19