入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト S.I.C.極魂 - クウガの世界 > S.I.C.極魂 仮面ライダークウガ グローイングフォーム 製作中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

S.I.C.極魂 仮面ライダークウガ グローイングフォーム 製作中


以前からGYAO!で無料配信していた仮面ライダークウガが、今週最終回を迎えました。
クウガを通して観るのはこれで3回目ですが、やっぱりいいですね。
最近の仮面ライダーと比べることは(ここ数年はちゃんと観ていないので)できませんが、私の知っている限りの平成仮面ライダーの中でもかなり異質だと思っています。私としては良い意味で、です。

で、趣味のS.I.C.極魂改造でもクウガを弄りたくなって自宅の在庫を確認したらマイティフォームが何個かあったので、とりあえず劇中で一番最初に登場した白いクウガ、グローイングフォーム(未確認生命体第2号)を作ってみたいと思います。

まあ説明はいらないと思うんですが、グローイングフォームというのは仮面ライダークウガの不完全な姿で、初めて変身した際や大きなダメージを負った時などはこの姿でした。
ツノが小さくて弱そうですけど、この姿でもなんとか敵を倒したこともあります。
また、ちょっとネタバレにもなりますが、最近読んだ「小説・仮面ライダークウガ」でもこのフォームは出てきます。いい感じの露出度で。

マイティフォームとグローイングフォームの相違点は色とツノの大きさくらいなので簡単にできそうなのですが、そもそもS.I.C.極魂のクウガ・マイティフォームはいろんな所にちょこちょこ手を入れないと思うようなスタイルになってくれないので、以前マイティフォームに施したような加工も平行して行わないといけません(実はそっちのほうが面倒なのでなかなか手を出していなかったというのもあります)。

今回はまずマイティフォームの赤いパーツの塗料を落としました。
普段の私なら強力な薄め液にドボンしてしまうところですが、ボディのあちこちにある細かいモールドがシンナーで甘くなってしまうのが怖くて、今回はペイントリムーバーで少しずつ少しずつ落としてみました。
特に細かいモールドのところは毛を短く切りそろえた筆でシャカシャカと。

目とベルトの中心のクリアーレッドも、今回のグローイングフォームではオレンジ系に変更したいので同時に作業しましたが、ここはどうも完全に落としきれません・・・。染料系のカラーが素材に染み込んでいるのかな?
まあこの上から濃くなりすぎないようにオレンジ系の色を塗ってみようと思います。







追記

その後すぐ首を細く加工&ジョイント調整、胴体のジョイントを龍騎のものと交換、股関節の位置調整、カカトのカサ増しという一連の作業をざっと済ませました。気分が乗ってると早い!

IMG_4179.jpg

左はバランス調整済みのマイティフォーム。こっちの胴体のジョイントはブレイド・キングフォームのものなので右のクウガは若干背が低いかも。まあ、グローイングなんで(?)OK。
意外と早く完成するかも!ワクワク。

しかし未塗装&ツノ未加工だとアメイジングマイティだな完全に・・・
関連記事
2014-06-29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。