入口 > S.I.C.極魂 - スーパー1の世界 > 仮面ライダースーパー1

仮面ライダースーパー1



S.I.C.極魂仮面ライダー電王を改造して、仮面ライダースーパー1を作りました。













S1_02.jpg










S1_03.jpg









S1_04.jpg

首のボールジョイントを加工した以外はもとの電王の関節を使用しているので、
身体のバランスは電王そのままです。
ただ、パテ盛りの都合各パーツはかなり削り込んで使用しています。









S1_05.jpg

頭部は本家S.I.C.スーパー1のデザイン画を参考に作っています。




S1_06_01.jpg

複眼パターンは極魂電王の複眼をクリア複製して使用しています。




S1_06_02.jpg

複眼の色がスーパー1としては随分薄い色なのは、単純に私の好みです。
ベースはクリアピンク+クリアパープル+スモークですが、角度によって色合いが変わる感じにしたかったので
ガイアノーツのプリズムカラーでコートしています。




S1_06.jpg

首関節は、頭部側にダブル、ボデイ側にシングルのボールジョイントを仕込んで
3重関節としています。




S1_07.jpg








S1_08.jpg

マフラーはS.I.C.匠魂のあるパーツを流用しています。
ボディとの接続はボールジョイントですのでグリグリ可動します。
マフラーの塗装は本家S.I.C.スーパー1を参考にパールカラーでグラデーションを。
パールって写真に写りづらいですね…。

背中のデザインは脊髄パッドをイメージして好きなようにアレンジしてみました。
背骨に沿って打ち込んであるのはチェックマシーンと物理的に接続する際のプラグ的な。
通常は無線接続だけど緊急時にはプラグインできる設計になってる、という妄想です。









S1_09.jpg

腕のフリンジは雑貨店で買ったネックレスの極細チェーンを使用しています。
ネックレス選びがある意味一番大変だった・・・恥ずかしくて(笑)。







S1_11.jpg

バックルはエポパテ+市販のプラ材です。
中心部の黒いところは一応クリアパーツで、内部に赤い点々があるんですが・・・見えませんね(笑)。





S1_10.jpg

腰のスイッチはエポパテからの削り出しです。









S1_12.jpg

S1_13.jpg

ブーツは電王の足のラインが気に入っていたので、ディテールを埋めてシルエットは活かしています。

ボディ各所にある小さくて丸いパーツは、宇宙空間で姿勢制御に使う噴射口のようなものです。
映画「ゼログラビティ」を見ていて付けたくなりました(笑)。









S1_16.jpg

足の裏にはモールドは入れていませんが、かかとにネオジム磁石を埋め込みました。
これが以外と便利です。





S1_17.jpg

私はフィギュア改造の際にこのようなステンレスの角皿を置いて、この上で作業することが多いのですが
足裏の磁石があるとここに無造作に立たせることができるので、色々都合がいいのです。
これは気に入ったので、今後のフィギュア改造の際もまた採用したいと思いました。









S1_18.jpg

また、こういったステンレスプレートを簡易ディスプレイスタンドに使えるのもいいところです。
このプレートはダイソーで買いました。2枚セットで105円(4月以降は108円?)









S1_18_02.jpg

こんなかんじの不安定な立たせ方もOK。




S1_18_01.jpg

もちろんキックも。









S1_19.jpg

手首は3種類。握り拳、つかみ手、平手。
S.I.C.極魂の電王には左のつかみ手が無かったので、極魂アギトから拝借しました。
手の甲部分は全てエポパテで。







ここから一旦ポージング集を。

S1_20.jpg




S1_21.jpg







S1_22.jpg





S1_23.jpg





S1_24.jpg





S1_25.jpg





S1_26.jpg














ファイブハンドは作らないつもりでしたが、ノリでパワーハンドだけは作ってみました。

S1_29.jpg

あるミニフィギュアをベースに、パテやジャンクパーツでそれっぽく。
流用元が何かは、それが好きな方ならすぐ分かっちゃうレベル(笑)。
でもそういうカスタム、好きです。







S1_30.jpg

装着しました。なかなかの迫力です。








S1_31.jpg

手の平のパーツは、HOBBY BASEの「関節技EX・極め手」を使用しています。
親指の付け根だけ、エポパテですこしボリュームアップさせてます。


S1_32.jpg

全ての指関節が可動するので、グーだろうがパーだろうが自由自在です。
ちょっと扱いに気は使いますけど。
指部分の塗装はアルコール系のガンダムマーカーで。









S1_33.jpg

パワーハンドは本来赤いカラーリングなのですが、私はオレンジ系にしました。
戦闘用じゃなくて作業用っぽさを出したかったので。









S1_34.jpg

月面でガテン系の仕事(仮面ライダースピリッツより)。







S1_35.jpg

何かをくいとめる。お前は先に行くにゃー









S1_36.jpg

もちろん戦闘にも。








S1_37.jpg

息子に見せたら、他のハンドも作るべきだと言われました。
気が向いたら、作ることにします、はい。









S1_38.jpg

製作を始めたときは専用マシンも構想していて、ベースになるマシンやパーツも集めていましたが、
本体+パワーハンドで力尽きてしまいました。
いつか作らないと集めたものが無駄になるので、そのうち作りたいとは思っています。


えー、こんな感じになりましたけど、いかがでしたでしょうか?










追記:このスーパー1製作中に、息子が切り絵でスーパー1を作りました。
なんとかモチベーションを保つことができたよ。サンキュー少佐!

Image.jpg

関連記事
2014-03-14