入口 > S.I.C.極魂 - 555の世界 > ホースオルフェノク

ホースオルフェノク

gokutamaHO_01
S.I.C.極魂響鬼改造
gokutamaHO_03
S.I.C.極魂 響鬼を使用しての、ホースオルフェノクです。
もとのフィギュアは、固定モデルの『バンプレスト・バトルファイズフィギュア』。

握りこぶしはリボルテックミニチュアのエヴァンゲリオン零号機の手が大きさ的に良かったので、
ディテールを追加して使用しています。

腰回りのスカート部分には“ソフビ道”のホースオルフェノク〈激情態〉のパーツを使いました。





gokutamaHO_02
S.I.C.極魂の仮面ライダーファイズとの比較。
響鬼ベースなので、調整はしましたがファイズよりも高身長になっています。





gokutamaHO_04
頭部の一本角はS.I.C.っぽく透明のプラ棒を削り出してクリアパーツにしてみました。

トサカのパーツと、ヘルメット内部の顔パーツをソフビ道のホースオルフェノク〈激情態〉から流用しています。
一本角は透明プラ棒を削り出しています。

首のジョイントは首の関節は、前後の振り幅が多く欲しいところでしたので、
リボルテックジョイントのダブルを使用して二重関節としています。
ここはジョイントが見えると興ざめなので、馬の顔を入れてみました。




gokutamaHO_05
ヒザのアーマーは、私オリジナルのデザイン(笑)です。
馬の蹄鉄をイメージしてます。ひび割れのモールドなども入れてみました。
結構気に入ってます。




gokutamaHO_06
腰のアーマーはソフビ道のホースオルフェノク〈激情態〉から流用しています。
通常のホースオルフェノクのそれよりも長めなので、大きさ的にはピッタリだと思いました。

ソフビを彫刻刀で可能な限り薄く削りましたので、太ももの可動にあわせて曲がるように出来ました。






gokutamaHO_07
オプションパーツとして、剣と盾を用意しました。
盾はバトルファイズフィギュアのまんまですが、剣は手首から上をプラ板とパテで新造しました。




gokutamaHO_08
剣を装備。大きさは思った通りに出来た気がします。大きさだけです。





gokutamaHO_09
盾を装備。いいディテールです。元のフィギュアのおかげです。





gokutamaHO_11
ふぁ〜い〜ずぅ〜!





gokutamaHO_12
ファイズとのサイズの差がありすぎる気もしますが、後に発売されたホースオルフェノク
偶然にもほぼ同じ身長でした。





gokutamaHO_13



















関連記事
2010-11-01