入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト S.I.C.極魂 - アギトの世界 > 仮面ライダーアギト・ストームフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

仮面ライダーアギト・ストームフォーム

as00

グランドフォーム改造


as01

as02

これは魂ウェブ商店で限定発売されたものではございません。
通常販売のS.I.C.極魂アギト・グランドフォームとトリニティフォームのパーツ組み替えで作ったものです。

Web限定ストームフレイムセットが発売される情報を知ったとき、
「ばっきゃろ~、そんなもんパーツ組み替えでチャチャッと作ったるわ!」
と鼻息荒く息巻いていたんですが、最近になって実際の商品レビューをネットで見て、
「お、おおぅ…、なんか悪くないねぇ… 買っとけば良かったかな…」
などと思っている次第です。









as03

as04

今回、どうせ2種類作るならカタチを変えようと思って製作したツノ部分。
このストームフォームはどちらかというと劇中のアギトのカタチを意識して作っています。

首も接続位置を変更し、太さを調節して良く動くようにしています。

後頭部も丸くパテにて成形しました。




改造前のトリニティフォームと比べてみます。

as05

as06

as07

もとのツノのパーツを切った貼ったして造形しました。
仕上がりは粗いですが、全体のフォルムとしては気に入っています。





as08

それと、肩アーマーの接続をグランドフォームを改造したときと同じ手法でフレキシブルに動くようにしました。

腕を前方に上げたとき、肩アーマーが自然に肩に被さる感じになります。





as09

右肩も同じように改造してあります。




as10

武器を持たせてのポージングのとき、とても自然な感じになるのでおススメです。





as11

頭の上でぶんぶん振り回すときも、肩アーマーは自然に被さっています。
こういう長尺物の武器を使ってのポージングの際、私は必ず堺正章さん演ずる孫悟空の戦闘シーン(BGM含む)を思い出します。









as12

as13


白いアンノウンと。いや、違うけどアンノウンっぽいなと思ってのキャスティング。
牙狼極魂シリーズはウチでは完全に敵キャラ代わりです(笑)。





as14

マシントルネイダーに乗せて。
こういう設定画が実際にあるんですが、劇中でこんなシーンがあったかどうかは不明です。




















関連記事
2012-01-09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。