入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト S.I.C.極魂 - ブレイドの世界 > 仮面ライダーブレイド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

仮面ライダーブレイド

blade0
ディテールアップ+リペイント

blade1

左が改造後、右が無改造の同じ商品です。

改造した部分は
●顔面の透明カバーをレジンにて追加。
●首の2重関節化。
●剣の持ち手部分を太くして保持力アップ。
●本体のエンジ色部分を明るめのメタリックレッドでリペイント
●ベルトのエンジ色はメタリックではなく普通の赤でリペイント
●その他部分的にリペイント数箇所、エナメルのスモークでスミ入れ。









blade2

顔面は、鼻先より下のマスク部分のクリアカバーを追加しました。

劇中のブレイドを見ていると、顔面が平坦というか、つるっとしていてあまり凹凸がないように感じたので、クチの部分もカバーすればそんな感じになるかな、と思いまして。

ついでに目の横あたりのクリアカバーの張り出しを削って小さくしています。









blade00

クチのマスクは、まずエポパテで原型を作り、クリアレジンで複製してます。
レジンのブランドを替えたのと、あまりに小さいパーツだったので何度も失敗しました。
最終的に使ったこのパーツも、気泡が入りまくりです(笑)。
ここまでアップで見ることは、肉眼ではあまり無いので・・・と自分自身に言い聞かせてます。









blade3

ノーマルとの、頭部の比較。
随分とイメージが変わったと思います。









blade4

後ろから。
肩のアーマーのモールドに、念入りにスミ入れしたのを写そうとしましたが、テカってよく分かりませんね(笑)。








blade5

胸の赤は、メッキシルバーの上からアクリルのクリアーレッドを塗装しました。
Mr.COLORのクリアーレッドより、水性ホビーカラーのクリアーレッドの方が発色がいい感じがするので、メタリック塗装のときは私はいつもこのパターンです。

目も同じく水性ホビーカラーのクリアーレッドです。









blade6

ブレイラウザーの柄の部分、細くて持たせてもちゃんと握ってくれないので、プラパーツを接着してちゃんと握れるようにしました。








blade7

ですので、左手の平手でもキッチリ保持してくれます。









blade8





blade9




blade10





blade11

劇中やOP映像でのバイクシーンが印象深いので、専用のバイクが欲しいライダーです。





関連記事
2010-02-27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。