入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト S.I.C.極魂 - 龍騎の世界 > 仮面ライダー龍騎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

仮面ライダー龍騎

rk0

ディテールアップ+リペイント


rk1










rkr1

左:改造前  右:改造

主な変更点は、・頭部デザイン変更 ・左手首別パーツ化 ・股関節の可動範囲拡大 ・ボディの赤色を鮮やかに、です。








rk3

顔のデザインは、劇中に登場の龍騎に近くなるように成形しました。
今の時点ではS.I.C.らしくないなと思いますが、当時はS.I.C.らしさよりも「小さな仮面ライダーのアクションフィギュア」であることを重要視していたような気がします。









rk4

首は2重関節化してよく動くようにしています。
これをやるのとやらないとではポージングにかなりの差が出ます。









rkr2

頭部の造形は、クリアレジンで複製した頭部をもとに行っているので、副産物として複眼のクリア化ができました。
目の赤い部分はクリアーレッド+レッドパールで塗装しています。
なので、後ろからうまく光が差し込めば光って見えるという・・・。




rkr3

上の画像の矢印の指しているシルバーの塗り分け部分を、クレオスのホワイトパールだけを塗りました。
パールだけだと完全に隠蔽しないので、ここから入った光が表側の目の部分に伝わるのです。









rk2

手首の造形がどうしても気になったので、同じシリーズの仮面ライダーナイトのものをパテで複製しまし、市販のボールジョイントで繋ぎました。
ドラグバイザーのハンドルを握っているように見えますが、実際にはハンドルはありません(笑)。









rk5

製品のままではプラプラだった肩のアーマーは取付けをキツめにしています。









rk6

付属の剣は大きめに作り直しました。









rk7

個人的に龍騎は剣を持った姿が一番カッコイイと思っています。









rk8

股関節も調節しましたので、このポーズもとりやすく・・・ホントはもっと脚をガバッと開かせたいところです。









rk9

今の時点(2012.6)ではまだ盟友ナイトは改造していませんが、いずれ手を入れたいと思っています。





















関連記事
2010-05-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。