入口 > キバの世界

仮面ライダーキバ



S.I.C.極魂の仮面ライダーアギトを改造して、仮面ライダーキバを作りました。










gokutama_kiba01.jpg

gokutama_kiba03.jpg


gokutama_kiba02.jpg

作り始めたのは昨年2014年の年末だと思います。随分時間が掛かってしまいました。
しかし放置期間があまりにも長く、実作業時間自体はそれほどでもなく…これもいつものこと。

少しの小物以外は大体自作しています。流用したのは腰に付けたフエッスル、バックルの基部をキバのミニフィギュア(HGかな?)くらいでしょうか。
あ、手首のリストバンドは66アクションの仮面ライダー仮面ライダー斬月のものが丁度良かったのでそのまま使っています。










gokutama_kiba08.jpg

今回製作するにあたり、本家S.I.C.のキバはほとんど参考にしていません。
どうせならネットなどからもあまり情報を入れず、中古ショップで買ってきたキバのフィギュアを立体資料として確認する程度に留めました。

頭部のイメージがなかなか決まらず、スケッチを繰り返して今回のようなカタチに。
複眼と繋がっている大きな牙が気に入っています。









gokutama_kiba13.jpg

gokutama_kiba16.jpg


キバの背中から肩にかけてのデザインが結構好きで、ここが繋がっていたらコウモリらしさが増すのにな、と思ったので思い切って繋げてしまいました。
本体と肩〜背中のパーツの接続はマグネットで行い、そこそこ動くようにしました。




gokutama_kiba17.jpg

gokutama_kiba18.jpg

そこそこ、というのはこのくらいです(笑)。肩当てのカタチが腕を動かしやすいカタチで良かったです。











gokutama_kiba12.jpg

gokutama_kiba06.jpg


肩と右足に絡まっているチェーンは、このように角張っていて極小のものがなかなか見つからず随分探しました。結局アクセサリー用の切り売りチェーンをネットで購入。シルバーですこれ(笑)。この材料が一番高上がりでしたね。
でもイメージに近いものが手に入って良かったです。


gokutama_kiba22.jpg

gokutama_kiba23.jpg













gokutama_kiba14.jpg

全体の装飾(彫刻)はオリジナルのものにほぼ準じていますが、造形するときの心構え的には「竹谷隆之さんがキバのS.I.C.をデザインしたらどうなるか」ということを考えながら進めました。
線のうねり方や筋肉の付け方など、竹谷味を僕なりに噛み砕いて仕上げてみた感じです。

ちなみにキバットの出来はあまり気に入っていません。オフ会に持っていくという時間的制限を付けたため、こんなボソボソのつくりになりました(笑)。でもあまりに手を抜くのもなんなので、キバットの目と額にはネイル用のキラキラ(正式名称:しらん)を埋め込んで、角度によってはキラッと光るようにしています。












gokutama_kiba20.jpg

太ももの装甲板(ツヤがある部分)は2パーツ構成にして、可動と見た目を両立させることを目標にしました。
上部内側のパーツをスプリング接続にして、強制的に腰に密着させています。




gokutama_kiba21.jpg

股関節の最大可動幅を損ねないように注意しました。
このやり方は初めて試みたのですが、まあ効果があったと思うので今後も活かしていきたいと思います。









gokutama_kiba24.jpg

今回平手はこのような指の動きにしました。キバと言えばこの手ですね。
今後もし専用バイク・マシンキバーを作ったときのためにハンドル握り用の手も作っていましたが、それはマシンキバーを作る時に完成させようと思います。・・・時間がなかったんです(笑)。








gokutama_kiba27.jpg

こんな感じで走っていましたね。
猫背のポーズが多いイメージのキバなので、腹のジョイント部もかなり前屈みができるように調整しています。







gokutama_kiba28.jpg


gokutama_kiba31.jpg


キバのこのフォームには武器が無い分、アクロバティックなアクションを多用していたイメージがあります。
腹のジョイントや太ももの装甲のつくりなどはそのポーズを無理なく再現できるようにしたかったためです。







gokutama_kiba34.jpg

それとこのポーズ。
足裏に埋め込んだマグネットのおかげで、金属板を使えばかなり安定してこのポーズを維持できます。









マグネットと言えば、キバットにもマグネットを仕込んでいますので取り外すことができます。

gokutama_kiba33.jpg

キバットが取り外せるということは・・・・










gokutama_kiba35.jpg

gokutama_kiba37.jpg


必殺技・ダークネスムーンブレイク用の右足も用意しました。
あくまでオマケ的なブツなので雰囲気重視で。ディテール甘めで。








gokutama_kiba38.jpg

gokutama_kiba39.jpg

gokutama_kiba40.jpg

gokutama_kiba41.jpg

以上、2015年10月20日完成、S.I.C.極魂改造・仮面ライダーキバでした。
細かいディテールや特殊なパーツが多くて大変でしたが、その分キバのデザインの良さを再確認できました。






キバの世界

仮面ライダーキバ

2015-10-22


S.I.C.極魂の仮面ライダーアギトを改造して、仮面ライダーキバを作りました。

S.I.C.極魂改造 仮面ライダーキバ 製作中 05

2015-10-19


実はもうほぼ出来てる極魂キバ。
もうそろそろ完成記事書けそうなので、それまでの作業工程をダイジェストでお送りいたします。

上の写真は本体の塗装に入ったところ。2015年10月8日の明け方です。
全体にプライマーを塗布し、Vカラーのブラックを筆塗りしてます。

S.I.C.極魂改造 仮面ライダーキバ 製作中 04

2015-10-07
いよいよ佳境に入ってきた極魂キバ。
とにかくカタチにはなってきたので、前回から今までの製作過程を掲載します。

IMG_6618.jpg










S.I.C.極魂改造 仮面ライダーキバ 製作中 03

2015-09-26
さてさて、ブログの方では絶賛放置中だった極魂キバ、twitterにはほんの少し製作状況を載せていましたがそろそろ完成させなくてはいけない時期なので作業机に向かっています。
それにしても前回の記事が4月…ちょうどヘルニア発症から今まですっぽり抜けている感じですね。
※ヘルニアの方は徐々に良くなってきています。





IMG_5995.jpg

前回はこのへんまでだったかな。顔と胸以外はパテ盛っただけ、って感じでした。

S.I.C.極魂改造 仮面ライダーキバ 製作中 02

2015-04-19
IMG_5936.jpg

製作中のゴクタマキバです。
Twitterのほうに製作状況は随時UPしているのですが、それをまとめてダイジェストでお送りします。
製作期間は2〜4月、そのうちほとんどが放置状態でした。
66アクションを弄るのが楽しくて(笑)。

S.I.C.極魂改造 仮面ライダーキバ 製作中 01

2015-01-30
IMG_5188.jpg

昨年末(2014年12月)あたりから、S.I.C.極魂・仮面ライダーキバを製作中です。

詳しい方にはご存知のとおり、S.I.C.極魂シリーズは平成1期の主役ライダーがまだ全員出揃っていません。
(まだ、って言うところが未練タラタラなんですが)
残すはカブトそしてキバなのですが、S.I.C.極魂で平成1期ライダーをコンプするため重い腰を上げることにしました。

カブトもキバも実はそれほど思い入れはなく、どちらを先に作り始めても構わなかったのですが、
しばらく前に友人のSVL氏から「軍曹さんの作ったキバ、見てみたいなァ」と言われたことがあったので
なんとなくキバを作ることに決めました。

ベースに選んだのは、S.I.C.極魂・仮面ライダーアギト(トリニティフォーム)。
上の写真は、取り外せるパーツを取っ払ってみたところ。
ほぼまるっとパテで包むことになりそうなのでなるべく細身であることと、関節の色が黒ってところが
今回の改造に向いていると思ったんですが、一番の決め手はそのへんに転がってたっていう(笑)。